不眠症は遺伝する?

不眠症は遺伝する?

遺伝により発症する病気は様々なものがありますが、不眠症も遺伝するのでしょうか。

 

不眠症の遺伝

 

結論から述べますと、不眠症は遺伝することはありません。
親や祖父母などの血縁者で不眠症が多いと、自分にも不眠症が遺伝するのではないかと心配してしまう方も居ると思います。
しかし、不眠症のほとんどは環境により引き起こされます。このため、遺伝により不眠症が発症することはありませんが、同じ環境下に居る家族が不眠症を発症している場合、同居している他の家族も不眠症を発症する可能性は高いと言えます。

 

家族で不眠症を発症したら

 

不眠症が引き起こされるのは周りの環境からの影響が大きいです。このため、同じ環境下に居る家族で不眠症を発症した場合、普通の家族より不眠症発症のリスクは高くなってしまいます。

 

まず、家族の誰かが不眠症を発症してしまった場合、すぐに病院へ行き適切な治療を受けるようにしましょう。不眠症患者は日中激しい眠気に襲われることが多いので、病院へ行く際は付き添いの方と一緒に行くようにしましょう。
家族の治療を最優先させつつ、もし家庭内に不眠症の原因がある場合、すぐに原因究明と改善に取り掛かりましょう。
原因が分からない場合、まずは身近な生活習慣から見直しましょう。例えば、夜更かしする家族が多いと音や光による外部刺激で不眠症を発症する場合があります。
また、食生活も重要です。夜遅くに夕食を食べる習慣がある場合、その後の寝付きが悪くなってしまいます。
このように、不眠症の原因は意外とすぐ近くに潜んでいます。不眠症は遺伝しませんが、改善と予防には家族の協力が必要不可欠になってきます。