不眠症の治療方法

不眠症の治療方法

不眠症の治療にはいくつかの方法があります。自分の症状やライフスタイルに合わせ、医師と相談しながら適切な治療を受けましょう。

 

投薬治療

 

投薬治療は、薬の成分により睡眠を促す治療です。不眠症改善のための薬は数多く、症状に合わせて医師から処方されます。
睡眠薬には、脳の覚醒を抑制するもの、身体のバランスを整え自然な睡眠を促すもの、脳の活動を抑制して眠りを促すものがあります。
薬によっては効果が強く、日中も眠気が続いてしまうものや思わぬ副作用が出る場合があります。日常生活に支障をきたす場合は、すぐに医師に相談しましょう。

 

生活習慣の改善

 

医師からの生活指導により、不眠症の原因となっている生活習慣を改善する方法です。
普段の生活を見直し、不眠症の原因となる睡眠環境の改善に取り組みます。
具体的には、寝る前に飲酒や喫煙を行っていないか、眠る場所が安定した睡眠を確保できる場所かどうか、といったことを指導されます。
自分では中々気付きにくいことも、医師からの適切な指導により気付き、改善することができます。

 

光治療

 

高照度の光を患者に当て、体内時計を調節し睡眠時間を正しい形に矯正する治療方法です。
この治療法は睡眠時間のバランスが乱れている方に用いられます。また、専用の機械を使用するため一部の医療機関でしか治療を受けることができません。
光治療を希望する方は、かかりつけの医師に相談して紹介状を貰うか、機器を導入している医療機関を探して診察を受けるようにしましょう。