不眠症の原因

不眠症の原因

不眠症の原因は日常生活の中に多く潜んでいます。気が付かないうちにこの原因に触れてしまい、不眠症を発症するパターンは珍しくありません。
今回は、不眠症の主な原因についてご紹介します。

 

眠りの環境の変化

 

枕が変わると眠れない、家以外の場所では眠れないということはよく耳にしますが、これも不眠症の原因となります。
眠りに就く際の環境が変わると、心身が緊張してしまい交感神経が活発化してしまいます。交感神経が優位にある場合、中々眠りにつけなくなってしまいます。
また、騒音や明かりの変化、匂いなども不眠症の原因となります。不眠症を防ぐには、自分にとって一番眠りにつきやすい環境を見つけることが重要です。

 

ストレス

 

ストレスも不眠症の大きな原因となります。日中に受けたストレスをそのままにしておくと、精神は落ち着かず、身体は緊張状態が続きます。この状態では寝付きが悪くなり、寝ても目がさめやすい状態となります。
日中に受けたストレスは眠る前になるべく解消しておきましょう。すぐにできる簡単にできる方法として、適度な運動、ストレッチ、湯船にゆっくり浸かるなどがオススメです。
それでもストレスによる不眠が続く場合は、一度病院へ行き適切な診断を受けるようにしましょう。過度なストレスが長期間続くと、不眠症以外にも身体に様々な悪影響を及ぼします。

 

飲酒や喫煙

 

眠る前の飲酒や喫煙は、不眠症の原因となります。
飲酒は少量であれば問題ありませんが、過度なアルコールは眠りを浅くしてしまい、寝付いても目が覚めやすくなってしまいます。
喫煙はタバコに含まれるニコチンが脳内バランスを崩します。得に眠る前の喫煙は脳を興奮状態にしてしまうため、中々寝付きにくくなってしまうのです。