不眠症に効果的なツボ押しマッサージ

不眠症に効果的なツボ押しマッサージ

中々寝付けない、寝ても途中で目が覚めてしまうという方は、寝る前に安眠効果のあるツボ押しマッサージがオススメです。

 

完骨

 

完骨は副交感神経を優位にする効果があります。副交感神経は身体と心をリラックスさせる働きがあり、眠りに付く際は副交感神経が優位にあることで入眠しやすくなります。
逆に、交感神経が活発になると寝付きが悪くなったり、眠りが浅くなってしまいます。
完骨は、耳の後ろのふくらみの部分から1cmほど下、髪の毛の生え際のへこんでいるところにあります。
この部分に指を一本置き、上に向かって5秒間押し上げましょう。これを10回繰り返します。

 

神門

 

神門は完骨と同じく、副交感神経の働きを優位にする効果が期待できます。また、ストレスを緩和させたり精神を安定させる効果があるので、ストレスやイライラといった精神的な問題から不眠症に陥っている方にオススメのツボです。
場所は、耳の内側上にあるくぼみです。親指と人差し指で耳を挟み、少し強めの力で擦るように刺激しましょう。これを10秒間、5回繰り返します。

 

安眠

 

名前の通り、安眠効果のあるツボです。自律神経を整え、心身の緊張をほぐして入眠しやすい状態にしてくれます。
耳の後ろにある骨から指一本分後ろの方にあるツボで、うなじと耳の後ろの線が交わる場所にあります。
不眠症の方は、このツボを押すと硬くなっている場合が多いです。コリをほぐすように、押しながらマッサージをしましょう。
指の腹を使い、1回につき10秒間押します。これを10回ほど繰り返しましょう。